募集要項 応募する










                            募集要項 応募する















TOP | 事業紹介 | ロジスティクスコンサルティング

ロジスティクスコンサルティング事業紹介

 

 

 エントリーする  募集要項を見る    

ロジスティクスコンサルティング部事業紹介

エントリーする
              募集要項を見る    

ロジスティクスコンサルタントの仕事
 

製造業、卸売業、小売業、通信販売業といった、荷主企業を対象に、物流の高度化、戦略策定を推進するための支援を行っています。
 
以前は、物流を本業としていない企業からすると、物流はコストがかかるもの、そこまで意識をしないものという位置付けでした。しかし、昨今の経済変化により、経済動向の変化により、物流は経営戦略の柱のひとつとして注目されています。
 
そのような企業に対して、物流コストの抑制、得意先へ自社製品をお届けする際の最適な拠点体制・輸送ネットワークの構築、企業活動を維持・継続するための物流体制構築、物流人財の育成・教育等の支援を行っています。

ロジスティクス
コンサルタントの仕事
 

製造業、卸売業、小売業、通信販売業といった、荷主企業を対象に、物流の高度化、戦略策定を推進するための支援を行っています。
 
以前は、物流を本業としていない企業からすると、物流はコストがかかるもの、そこまで意識をしないものという位置付けでした。しかし、昨今の経済変化により、経済動向の変化により、物流は経営戦略の柱のひとつとして注目されています。
 
そのような企業に対して、物流コストの抑制、得意先へ自社製品をお届けする際の最適な拠点体制・輸送ネットワークの構築、企業活動を維持・継続するための物流体制構築、物流人財の育成・教育等の支援を行っています。

物流戦略策定
お客様の販売を強化する物流戦略策定をサポート
物流戦略策定
お客様の販売を強化する
物流戦略策定をサポート

1. 現状を客観的に見た問題の抽出
  

企業が変革を求められる際に弊害となるのが習慣と社内ルールです。
その企業では暗黙知として捉えられている長年の習慣とルールが実は非常識であることが多々あります。船井総研ロジでは、倉庫現場の訪問、ヒアリング、データ分析を元にお客様の物流実態を分析します。
お客様現状を当社が客観的に総点検することで、お客様の業務における問題点を抽出します。現状の問題点を社内検討することで抜本的な戦略見直しを進めます。

 

2. 全社横断的な物流最適化の視点 
 

物流戦略の見直しには営業部門、製造部門との連携が欠かせません。
また、社内の組織を事業部で区分している企業様の場合、事業部を跨ぐ全社施策の検討が必要です。当社が第三者として各部門の実態を調査し、部門を横断的に見た戦略策定をサポートします。

 

3. 荷主戦略と物流業界変化を合わせたプランニング

 

物流戦略は現状に対して計画を立てるだけでは意味がありません。
これから先の成長戦略を見る中で物流が用意すべき拠点、倉庫機能、納品サービス、コストレベルが設定されます。その実現のためには環境変化を反映した具体策に落とし込む必要があります。
当社ではあるべき物流戦略の策定から実行のための具体的な活動支援まで、一連の支援を責任を持って提供しています。

志が高く刺激しあえる仲間がいます!

 

拠点配置・設計

拠点配置・設計

コスト優位な拠点配置・ネットワークインフラの策定

 
拠点配置は企業のマーケティング戦略と深くひもづいており、顧客へのサービスレベルを決定づける根幹といえます。競争力の強化を進める企業は拠点配置の見直しを行っています。
現状のロジスティクスを正確に把握し、求められる機能の向上をいかに図るのか、目指すべきサービスレベルの具現化に向けて、拠点配置を含めた検討を行うことが競争力の強化につながります。

拠点配置は、得意先情報を基にどこにどのような物流サービスが必要なのかを明確にします。サービスや条件を明確にしたうえで、それらを実行するために必要な輸送手段を選定します。

輸送手段が設定されると、必要な拠点の位置が明確になり、拠点の機能設計・業務フロー設計へと進めていきます。
 

物流人財の育成、教育

物流人財の育成、教育
 

物流業界の最新時流を常に発信している当社ならでは物流教育の実施

 
製造業、卸売業業、小売業など、物流を本業としていない企業からすると、物流の実態をよく理解していないのが現実です。
物流に携わる担当者だけでなく、営業部門、生産部門も含めた社内関係者に物流の実態を周知する責任が物流部門にはあります。しかし、その物流部門が物流の実態を把握しきれていないことが多くあります。
 
お客様社内への物流情報の周知、展開をすべく、私たちが、担当者への物流時流の教育や物流部門の組織構築のための支援を行っています。
物流部門として果たすべき役割、管理する指標を明確にし、継続した物流改善が出来る体制を構築していきます。

 

志が高く刺激しあえる仲間がいます!

 

物流に携わる担当者が集う DXロジ研究会

これからの物流現場・物流管理に必須となる物流DX
 
DXロジ研究会は物流DXによる研究会会員各社のデジタル化推進と実行を目的とした研究会です

 
物流管理の高度化に必須となる各種データベース(物流コスト相場、物流契約書雛形、DX最新事例レポートなど)や各種サービス(オンラインコンサルティング相談、価格妥当性評価、年4回の研究会参加など)を会費のみで利用できるサブスクリプションサービスを提供しています。
 
最新の物流DX事例をもとに会員各社が自社のDX化を推進し、ロジスティクス競争力の強化、ひいては業界全体のDX化の先鋒となることを目指し、活動を進めています。

キャリア人財に向けた
メッセージ

キャリア人財に向けたメッセージ

ロジスティクスコンサルティング部
グループマネージャー 田代 三紀子

 
物流は全ての業界に必ず関わってきます。物流という切り口から様々な業界を見ることができるのは、非常に興味深いものです。しかし、その分各業界の慣習を知る必要があります。学ぶべきことは多いですが、自分の知識が増え、そのことがお客様の成長、売上アップという結果につながることはコンサルタントにとっての醍醐味です。 物流は社会のインフラを支える根幹にあります。その物流をお客様と一緒に創り上げていきましょう

 

お客様目線を持ち続け、ロジスティクスを創り上げる
船井総研ロジの新たなメンバーに加わりませんか?